あの日から一年

東日本の震災、そして原発事故から一年が経ちました。

今日、ちょうどその時間に雨が降って…


亡くなられた方や、今も辛い思いの中に居られる方が、穏やかに安らげますように。

すべての人・いきものみんなが、安心して暮らせる場をもてますように。
ゆるやかに、支えあって。




「饗応不尽」

無数のつっかい棒で支えられている生命

時間の上を歩いている生命

自分に会いたい吾等

顧みればあらゆるものから歓待を受けている吾等

この世へお客様に招かれて来ている吾等

見つくせない程のもの

食べ切れないご馳走

このままが往生でなかったら

寂光浄土なんか何処にあるだろう



(昭和41年秋 河井寛次郎)
スポンサーサイト

春 三月‥

暖かな陽気に誘われて、自転車で大きな公園に。

前から気になってた花 マンサク。

少し前に新聞に写真が載ってたので、もう時期ハズレだろうなぁって思いつつ、足を伸ばしてみました。


赤い芯から黄色い糸のような花弁が伸びてる姿は、予想通り盛りを過ぎてて、残念。

花の盛りは、ほんとに短いから、一番イキイキしてる時を逃すと、次のシーズンまで見ることが叶わない。


でも、そのかわり沢山の木の芽や花芽に目が行きました。


ミモザは、だいぶ前からその黄色い花を準備してるし、
アセビも寒桜も梅も…

これから、町のあちこちで色んな花が咲く、にぎやかな季節が始まるって思うとワクワクします。


萌え出ずる春は、エネルギーが上に昇りやすいので、心身のバランスを調えるためにも、しっかり歩きましょう♪


つくしを見つけるのが楽しみだぁ(^◇^)