沖縄エイサー 琉鼓会



そして、ラストは、沖縄県人会 園田支部 琉舞サークル
沖縄エイサー 琉鼓会

琉舞をちゃんと観るのは初めてでした。
なんて優雅な手の表情、足の運びでしょう。

紅型という宮廷女官の黄色と、長い鉢巻のようなその名も“紫”という衣装や、耳に馴染む曲

生まれたわが子の健やかな成長を祈る若い母親の踊り“童神”

白百合を収穫した喜びの踊りも素敵でした。



一転して、琉鼓会の全身のバネをつかって太鼓を叩きながらの迫力ある踊り。
2歳の男の子が混じってて、ちょっとハラハラ&うるうるしながら見せてもらってたのですが、所々でちゃんとみんなに合わせてました。

5歳の男の子は、ほんとうに長い曲なのに一糸乱れず!

あとで先生いわく、中学生以上からしか教えてないのに、この子らは親の稽古を見てて覚えてしまったそうです。

琉鼓会のメッセージ「元気・勇気・生き力」を与えられるよう、精一杯演じています。
‥とありましたが、本当にエネルギーをもらいました。

ありがとうございます(^◇^)

また、ぜひぜひ公演を観せてもらいに行きますっ!!


阪神間、この3市だけでも豊かな文化があることを知ることができました。

主催:阪神南地域ビジョン委員会
もっと活動を広められますように!
知らないのって大きな損失だわって痛感しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する