禅をきく会 椅子坐禅&講演



今年もTHE SOUND OF ZEN
禅をきく会に参加してきました。

今回で3回目の参加です。

大阪では、梅田の毎日新聞オーバルホールが会場です。

毎回、梅田の地下街の順路に、お坊さまが案内に立ってくださってます。


今回は、会場に着いたのが開演少し前だったので、最後列の席になりました。
ちょっと嬉しい!

まずは、幣 道紀師のご指導で椅子坐禅。
ちょっとユーモアを交えて分かりやすいお話で、坐禅を説明していただきました。

最前列と最後列では、坐禅中に合掌で合図をすれば、警策(物差しのような木の板)で活を入れてもらえるのです。

で、一度はその警策体験希望だったので、ちょっとラッキー☆って思ってたのですが、いざ坐禅が始まる直前に背後から殺気めいた雰囲気が!!

うっ!この人に打たれたら怖すぎる‥って思いました。

何人かの若いお坊さまが、衣擦れの音をさせて背後を歩かれます。
そして、今回の警策の音はどれも控えめでした。

でも、あのすごい殺気が怖くて、とうとう合図できかねて。。。

あとで、和田に聞いたら、あの殺気の主はカメラマンだったそうで、拍子抜けでした。

うーん、そらそうか。


一度は受けたい、警策。次のチャンスを待ちます。


それから、佐々木 閑教授の講演《般若心経の話》

インドのカースト制度にまつわる、初めて知る話を皮切りに、お釈迦さまの時代から300年を経て、その教えが文字になり、
そして般若心経が生まれた流れや、その一節を紐解いての解説に聴き入りました。

うーん!ほんとお得な会です。

また来年が楽しみ(^◇^)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する