エサレンとレイキの共通点☆

私たちは、02年に岩手県の花巻市での入門コースを皮切りに
資格認定コースを受講させていただきました。

03年の2月に、アメリカのエサレン研究所で最終のパート3を終え、現在に至っています。



入門コースのレッスンで、先生のデモを見て
その目福感‥見てるだけで脳内マッサージを受けてるみたいに眠くなる心地よさに浸っていました。

さて、実際に今見たマッサージを再現しようとしたときは、大混乱!!しちゃいました。
うーん、楽しい&難しいっ♪



なんとか、練習を重ね少しずつかたちを成していく、メンバーそれぞれのエサレン。。。



最終パートのエサレン研究所で、現地のプラクティショナーから受けたセッションで
“ああ☆なんでもありなんだ。自由にやっていいものなんだ。”って実感しました。


不思議にも、私たち同期16人のやり方がみんな違ってるんです。
そういうとこも、とっても面白いところかなって思います。

久々に交換セッションをすると、また新たな発見があったり。




エサレンマッサージの大きな特徴は “波のようなロングストローク”です。

海辺の広大な私有地で、しかも温泉地でもあるエサレンで
松の梢を吹く風や、波の音をBGMとして出来上がってきたマッサージだからでしょうか。。。



プールサイド、暖炉のそば、ハーブ園、サンルーム、、、
エサレン研究所では、あちこちにマッサージテーブルがあるんですよ。

陽光の下や、薪の灯り、降るような星空の下、、、
どんな場所でのセッションも素敵です☆


いつも、メンバー同士での練習セッションは、途中で眠り込んでいました。
初めと終わりの記憶しか無くて。。。

でも、エサレン研究所で受けたセッションは
終始明晰に意識があり、学んできたものともまた違い
75分という時間が、とてもとても長く、堪能できました。

そして、目からうろこが‥それも特大の。


みんな、それぞれが持っている自分の手技を、さらに磨き、新しいものを取り入れ
クライアントと一緒に、1回1回のセッションを大切に楽しめばいいんだって。

お互いの呼吸が一つになり、どこからどこまでが自分で、相手で、って
境目さえもなくなるくらい一つになる、そんな稀有な瞬間が訪れることさえも。。。



エサレンを学ぶ時、一番印象的だったのは
ケアフリー・・・自分の身体を大切に使いなさいってことでした。

“自分が無理して、相手だけ楽になるのではなく
自分も相手も大切に” と受け止めています。



これって、レイキとも共通することだし
エサレンの根源にあるものも、レイキととっても通じてます。


セッションをさせていただいて、私自身、赦された感覚・癒された感覚をいただくことがあります。



エサレンもレイキも
その方の心身やエネルギーに、大切に触れるということや
相互作用・後からの効果もある、という面でも
良い働きをしてくれるものだなって、うれしくなってしまいます。


ご縁をいただいて、触れさせていただくこと。
一緒の時を過ごさせていただけること。

心地よくほどけた、明るいお顔を見せていただける時
ほんとに良かったなあって思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する