ヒプノセッションの流れ☆

『ヒプノのセッションはどんな感じなのですか?』って
ご質問をいただきましたので、まとめてみました。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ヒプノセラピーは、深い意識にアクセスして、色々な答えを得るものです。


まず、リラックスしていただくことと、
“どこ”に誘導する必要があるのかなど知る意味もあって
来ていただいてしばらくは、お話をする時間をとります。


‥といっても、難しいことじゃなく
話したいことを、楽に話していただければ良いですし
私たちや、場に馴染んでいただければ、、、
安心や信頼の“芽”だけでも芽生えればいいなってことで。。。

カードリーディングやお話をしていると大事な糸口が見えてきたり
気持ちが整理されてきたりするんですよ。


時間は、本当にあればあるほど嬉しいです。
(8時間以上滞在される方もよくあります)




どんなことを知りたいのか焦点になること、光の存在に訊きたいことなど
事前に打ち合わせをしておくことも大切です。

* 光の存在 * シンプルに云うと、守護霊さんのことです。
光として認識されることが多いのですが、その方が受け入れやすい姿で現れることも。



インナーチャイルド療法・前世療法のどちらでも、光の存在に出逢うことを和田は重視しています。

『なぜ、今、こういう人間関係の中にいるのか』とか、出来事の意味などを明確に解説してもらえるからです。
(うーん、中には自分で経験することが重要ですって事は、答えてくれない場合もありますが。。。)



セッションは、座椅子に横になった状態で
催眠状態に入り易くなる練習を30分ほどしていただいてから、誘導を始めます。
30分ほど掛けて、ゆっくり深い意識に降りていきます。



ヒプノは、深い意識にアクセス出来る事かどうかがとても重要です。

一度でそれが出来れば良いのですが
こればっかりは、チャレンジしてみなければどうなるか分かりません。

・眠り込んでしまう。(ヒーリング効果が心身の疲れを癒す方に向く)
・直面するのが怖くて、無意識に気を逸らせてしまう。
・催眠に入ることを恐れている。

               など‥



三度までは、休憩をはさんで再誘導します。

それ以上になると、ご本人の集中力が辛いかな?




セッションがどんな感じか、意識・無意識の領域についてなど、事前に分かり易くお話しますね。


そして、セッションがうまく行ったなら
内容を振り返り、整理しながら和田が解説していきますので
それをご自分のノートに書き留めていただく時間をとります。
(ここで1時間くらい。内容が濃い場合はもっと掛かることも‥)



なので、ご準備いただきたいのは
まず、前日はなるべく心身を休めておくこと。

もし、コンタクトレンズをお使いなら外せる装備

締め付けず、リラックスできる楽な服装(パンツ系)
お着替えをお持ちになる方もあります。

そして、ノートなどの筆記用具です。



思いつく限り、列記してみましたがどうでしょう?

もし、ご不明なことがあれば何でもお尋ねください。
お電話をいただけたなら、もっと詳しくお話しますね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する