セッション後、いただいた感想です。

姫路のエサレン仲間ゆきちゃんのブログ
“はたけ日和”より一部転載
        http://blog.livedoor.jp/dendelion/archives/2009-03.html

先日、エサレン仲間のなごみところさんで、エサレン・ボディワークを受けてきました。

ヒプノセラピーやレイキなどで人気の隠れ家サロンなのですが、
「なごみ♪コース」が、おどろくほど、たっぷり時間をかけてくれるのでとってもオススメです。

私も3時間以上、セッションを受けたのですが、そのほとんどが、
記憶にない・・というのか、肉体的な感覚が全くなかったのです。

体からのアプローチによるカウンセリング・・とおっしゃられているとおり、
静寂の空間の中で漂っていました。
(セッションが終わったあともしばらく動けませんでした・・でも、どこにいってたのでしょう??)
    
今、power of touchという本を読んでいるのですが、
安心したタッチで丁寧に触れられることで、かなり深い部分の細胞ひとつひとつに 愛が染みこんでいき、
体に光のシャワーを浴びているような感じでした。

やっと起き上がって、洗面台に映る自分にハッとしました。
「私が映っている!」と思ったのです。
・・自分で鏡をみたのだから、当たり前かもしれませんが、
その私は、20代の私(15年ぐらい前でしょうか)だったのです。
(注:誇大広告ではありません・・ほんとうにビックリしたんです)

この素敵なプラクティショナーのお二人とは、花巻での入門コースから8年のお付き合いになります。

共に学んだ先生の言葉を引用させていただきます。
     他の人からのタッチを受け取る瞑想は、
     あなたの より個人的な本質に 非常に深く触れることができる大きな豊かさの一部です。



ゆきちゃん、ありがとうございます。   
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する