鈴虫音楽堂♪



お隣の伊丹市で秋のイベントがあるのを知って行って来ました。

JRと阪急の伊丹駅、どちらからも便利な郷町界隈を中心とした10日間のイベントです。

まずは、秋らしく美しい音色の虫たちと、小型ハープ“アルパ”&ギターのコラボレーションという、素晴らしく斬新な企画の音楽の夕べへ‥

アイフォニック・ホールのステージや客席に、瓶(かめ)や虫の飼育ケースがいくつも配置されて、
大勢の人の気配もなんのそので、リーンリーン♪の大合唱でした。

南米パラグアイの“アルパ”奏者は増永雅子さん
ギターは山田恵範さん

南米だなぁ!って曲 “コンドルは飛んでいく”や
軽快で、ウキウキしてくる曲あり、

“涙そうそう”“川の流れのように”

“星に願いを”“見上げてごらん夜の星を”

どんな曲もみんな、鈴虫の音がBGMになってて、音楽を増幅してました。

奏者の息もぴったり合ってて、特別な空間に連れて行ってもらえた一時間でした。

どんな人が企画したんだろう。
心がジーンとして、余韻がいつまでも。。。(^◇^)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する