こころがすっきりする本☆



春です。

卒業や就職などで、環境が変わる方も多いですね。

希望通りの道に進まれる方もあれば
不本意な結果で、がっかりされてる方も。


でも、だからってそれをただ
“いやなこと”って受け止めるんじゃなく
自分を高める方向に進んでいけば

きっとそれがプラスになります。


今の時点では“不本意”に見えるだけ。



望みとは違う道に見えても
大事な出逢いに続いてるのかも。


このときの経験が、どんな風に役に立つかは
過ぎてみなければわかりません。


いま歩くその道で、何を得られるか
楽しんでみませんか?




この本は、少女が賢いふくろうに出会い
自分だけの閉じた世界から出てきて、
自分を取り巻く世界に目を開いていく物語です。
幸せは“自分のあり方”で、広げていけるってことをやさしく教えてくれます。


サラとソロモン エスター&ジェリー・ヒックス 著
         加藤三代子 訳
株式会社 ナチュラルスピリット


自分の環境の全部を“味わい愛でる”ってことの素敵さ

レイキともつながってる物語だなって思いました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する