ヴィパッサナー瞑想

あの環境が今も時に、懐かしくなります。山の静けさや男女の庭の境界となっていた小川、赤く色付き始めた木の葉。朝・昼の菜食と夕べのティータイム。自分と向き合うための豊かな時間が。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する