ヒプノセラピー、人生を変える充実の8時間 (^◇^)

今月は、ヒプノセラピーのお客さまが続いています。

先月から今月にかけて、ヒプノセラピーを受けられる方が多いです。
なごみところは、一日一客なので、こんなふうに過ごしていただいてます。

先日は、車でおいでになったので、近所のイオン尼崎店で待ち合わせ
そこからは、徒歩10分ほどの道のりをご一緒に。
(一人で大丈夫!って方以外は、ご送迎します)

9時とはいえ、日差しがきつかったので、名神高速の高架を日除けにできました。

なごみところに到着して、お茶など飲みながら、まずは落ち着いていただきます。
(リラックスできる服装をお持ちいただいたなら、この機にお着替えをどうぞ)

そして、ヒプノセラピーでどんなことを知りたい・解決したいのかってことを
ゆっくりお聴きします。

ここで、その日のヒプノセラピーの焦点がハッキリしてきます。

ご自分の中で、あれこれ絡み合ってた物事が整理されて、
一番の知りたい根っこが、まるで光に照らされたように見えてくるんです。

それから、ヒプノセラピーについて、必要なら図を描きながら説明したり、
質問にお答えしたり、腹ごしらえをしたり。


この日は、「では始めましょう」って準備が整ったのが13時でした。

そして、ヒプノセラピーが終わったのが、17時過ぎ

少し休憩されて、セッションルームを出てこられた時
「あっという間でした」「もうこんな時間なんですね!」って


そうなんです。
前世の一つを感情も含めて再体験して、今の人生と並べて観たり、
悩んでたことや、これからについて、スピリットガイド(守護霊)さんに答えてもらったり
あり得る将来のうち、一番イキイキしている自分に出逢ってお話したり

盛り沢山の中身だから、ある程度の時間が必要なんです。

そして大切なのは、ご自分が本当に納得できるまで「問える」ってこと。
スピリットガイド(守護霊)さんに、この際、ずっと問いたかったことを
いくつでも何度でも、得心するまで尋ねてみて良いんです。

なごみところには、時間の制約はありませんから。
ご用意くださった時間一杯、有効にしっかり使いましょう!

もし、なんかまだモヤモヤするけど、どう問えばいいのかわからないって時には、
ヒプノセラピストの和田が「こう質問してみてください」ってアドバイスをします。

ヒプノセラピーが終わってからは、休憩していただきます。
結構、エネルギーを使いますので、しばらくはお一人の時間をほっこりと過ごしてくださいね。

落ち着かれたら、セッションルームから居間に戻ってきていただいて
お茶など飲んで一息

それから、ヒプノセラピーの振り返りと解説をしていきます。

和田がヒプノセラピーの間に書き取った出来事や言葉を、順を追って
ご一緒に紐解いていきます。

「そう、こういう服装で、周りの人はこんなで、こういう時代のこのあたりの国で‥」
「その時の気持ちはこうで、その人は今の誰々です」

そんな風に、ご一緒にアナログに、紙とペンで書いたり話したりすることって
案外、思わぬ効果があったりします。

出来事を振り返って、スピリットガイド(守護霊)さんや、将来の自分にもらった言葉の
本当の意味や隠れた意図に気づけたり。


翌日や数日、数週間立ってから、自分を取り巻く環境から体験敵に理解が深まったって
多くの方から後日談をお聴きします。


ということで、この日は9時から18時過ぎまでのヒプノセラピーとなりました。
ありがとうございます


ヒプノセラピー
ヒプノセラピーの進め方
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: セラピー&ヒーリング | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する