尼崎の薪能 - 二日間

尼崎って意外に文化&芸能の香る町なんです

桂一門の落語勉強会や、近松門左衛門ゆかりの文楽の会
能楽の子ども教室もあるんです。

というわけで、毎夏恒例の薪能が今年も催されます。

毎年7月26日(日)が富松薪能
富松(とまつ)神社の境内の能舞台は、
鎮守の森の中、荘厳な雰囲気でほんとに素敵です

阪急の武庫之荘や塚口駅、JR立花駅からもバス便あります


そして8月8日(土)は、尼崎薪能
阪神大物駅から歩いてすぐです

どちらも 5時半に、子どもたちの仕舞いから始まります。

暗くなる頃、市長さんたちが薪に火を入れて
かがり火の元で、本格的なお能を堪能できます
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 伝統芸能 | ジャンル: 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する