丸一日掛けてのヒプノセラピー(インナーチャイルド/前世療法)

この夏は、ヒプノセラピー(インナーチャイルド/前世療法)のセッションを希望される方が
多くお越しになりました。

亡くなられた大切な方に、本当に久しぶりに直接逢えてゆっくり想いを伝え合えた方。
生まれてきた目的・使命を十分に果たせた将来の自分に逢い、前に進む勇気を得られた方。
パートナーや我が子、家族との魂のレベルでの関係を知って、心底納得された方も。


なごみところでは、まずはお話しを伺うことにしています。
ゆっくり心の内を語ることは、大きな解放になるから。
周りの人には話せないことを吐き出すことが出来ると、それだけでも心や身体が楽になります。


そして、ヒプノセラピストの和田が重視していることは、ご自分の深い叡智と
直にコンタクトすること。

インナーチャイルド、前世療法、どちらでも、
チャイルドと出逢ったり、前世を体感した後で、
それぞれハイアーセルフもしくはスピリットガイドに出逢えるように導きます。

ずっと知りたかった「なぜ‥」に、ダイレクトに「答え」を受け取ることが出来ます。
答えを得たとき、和田は必ず、「その答えで納得できますか?」と確認しますので、
もう少し詳しく、とか、違う角度での問い方を助言することもあります。

ハイアーセルフやスピリットガイドは、
「どうしたらいいでしょう?」というような ぼんやりした質問には、
「あなたはどうしたいのですか?」って、逆に問い返してくることが多いのです。

自分が生まれる前に決めてきた「この人生で何を学び・達成したいのか」
そのために、出合う色々な人や出来事があります。

そこでどうかかわるか・どう取り組んでいるのかが、問われるのです。
だから、問いとしては「自分はこうしたいのだけど‥」という姿勢が大切なのです。

ヒプノセラピーで必要な体験をし、答えを得られたら、
振り返りと解説の時間です。

休憩の後、落ち着かれたら、順を追って振り返ります。
細かい言葉や出来事が、記憶から抜けていることもあるし、
落ち着いて振り返ることで、はっきりすることもあるのです。


ヒプノセラピーで分かったことを、「これから」に役立てていただきたい

‥というわけで、ヒプノセラピーに使える時間は、
できるだけたっぷりご用意いただけると嬉しいです。

ヒプノセラピーとは

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する