ひとつ心配なのが催眠療法って絶対安全なのでしょうか? - ヒプノセラピー

なごみところでヒプノセラピーを受けていただいたお客様のご紹介で、前世療法のご予約が入りました。
その方から、『‥ひとつ心配なのが催眠療法って絶対安全なのでしょうか?』、という質問がありました。

その質問に、こんな風にお返ししました
なごみところで扱っているヒプノセラピーについてでしたら、ダメージを受ける心配は無いと断言できます。

それは、ヒプノセラピストの和田が、ご自身の意思に反するような手法を取ることがないからです。
終始、ご自身の意識がはっきりした状態で、どんな体験をしたかも覚えていられますし、何かを無理強いすることや、勝手な暗示をかけることもありません。

何かご心配なことなどあれば、どうぞお尋ねくださいね。

もし、なごみところについて、詳しくお聞きになられていれば、一日一客であること
ですから、十分にお話を伺ったり、時間を区切ることがないということなどお聞き及びかと思います。

なごみところのヒプノセラピーのうち、前世療法では、ただ前世の情景を見ることでは終わりません。
今の人生とどう関連しているかや、今世生まれてきた目的や使命を、ご自分のガイドスピリットに直接尋ねて、生きていることの意味を理解していただくことに重点を置いています。
なぜ、こうなんだろう…この人生は何のためにあるのか、といった根源的な疑問はもとより、どうすればもっと良くなるのかを具体的につかんでもらうことを大切にしています。

もしも、キツイ前世の情景を見て、その心情を体感されたとしても、その体験を紐解くことで、今世の問題が解消された方も居られます。

また、今回、生まれてきた「目的・使命を十分に果たすことが出来た、将来の自分」に会わせてもらうことも可能です。
生き生きワクワクしている自分に会えたら、きっと大きなパワーがもらえます。

亡くなった大切な方や、愛おしい存在にも再会することだって出来ます。
誰かを介するのではなく、自分で直接、その姿を見て、話をして、触れ合ったりすることも可能なんです。

なごみところのヒプノセラピーの目的は、今生きているこの人生の意味を深く理解して、よりよく生きていく力にしていただくことです。

そのためにも、潜在意識の深い領域にうまくコンタクトしていただけるようにサポートします。
ヒプノセラピーは、ご自身で直接、潜在意識の深い領域に降りていくことが大切です。
そのアクセスできる深度によって、質や情報量が大きく違います。

潜在意識の扉をくぐるための鍵になるのが、「深い呼吸とイメージ」です。
ご予約いただいた日から、お越しいただく日まで、その練習をしていただくようお願いしています。
戸惑われることなくヒプノセラピーに臨んでいただけるように、また、人生の道しるべを得ていただきたいから。

何か不安なこと、心配や疑問があれば、いつでも幾つでもお尋ねくださいね


ヒプノセラピーとは

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する