無理矢理に周りと合わせようとする必要はないんだと思えるようになりました - インナーチャイルド療法/ヒプノセラピー

なごみところではこのところ、ヒプノセラピー(退行催眠療法)をご希望になる方が多くお越しになられています。
今回は、インナーチャイルド療法を受けられたS・Iさんからの感想をご紹介しますね

和田さま
小林さま

昨日は誠にありがとうございました。
ぐっすり眠れました。

セッションの中で、何よりも腑に落ちたのは、自分がHSPかつインディゴチルドレンの可能性が高いということです。

今まで、周りの人と話が噛み合わなかったり、変わった人と見られることが多く、それにストレスを感じていました。

それを無理矢理に周りと合わせようとして、更にストレスや劣等感を感じることが多かったのですが、その原因が分かりました。

そして、無理に合わせようとする必要はないんだと思えるようになりました。

また、ヒプノセラピーでは、1回目はインナーチャイルドは出てきてくれませんでしたが、丁寧に仕切り直してくださり、2回目(途中で寝てしまったので3回目ですかね…)では、会うことができました。

インナーチャイルドのいる扉だけがぼんやりと見えていて、廊下のイメージがほとんどぼやけている時は非常に不安でしたが、まるでわたしの頭の中が見えているかのように、扉まで誘導してくださったので、安心することができました。

チャイルドは、いま思い返してみれば、「ああやっぱりここに居たんだね」という場所に座っていました。
チャイルドを明るい場所に連れていくことができて本当によかったです。

ハイヤーセルフに少しだけヒントを貰った、自分の将来のビジョンを忘れずに、いまこの時を噛み締めて、豊かな感受性を活かして人生を彩っていきたいと思います。

また道に迷ったときは、頼らせていただけると幸いです。
誠にありがとうございました。

インナーチャイルド療法

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する